2006年5月13日 (土)

サーフORフィッシュ〜すぐ終わる土佐日記後編

僕のファミリーは釣った魚を刺身で食べるのが大好きだ。
そして今回の高知旅行。
まだ皆が寝てる間に起きだして、朝飯までに帰るというハードスケジュールで2日間キス釣りに行きました。もちろん狙いは刺身サイズの20cm以上を5尾位は・・・。
というわけですぐ近くの夜須の海岸へ。・・・。岸から70m位のところを底曳網漁船が曳航中。ご苦労様です。
芸西の浜に移動。
同じく漁船の群れが・・・。
一応竿を出してみるが全くの無反応。仕方なく吉川漁港の隣の小さな砂浜(ここなら漁船は入れない) でこじんまりと糸を垂れる。
するとパラパラとキス特有のアタリがあるが、どうもアタってるのはお子様らしくなかなか針にかからない。1時間に1尾位の割合で釣れるのは見事なドピンギスちゃん。
はあっ。高知まで来てこれかいな。
と、横を見渡すと向こうのほうに物部川の河口が見える。
GOOD WAVEが入ってるじゃありませんか。サーファーも数名入って楽しんでるよ。
元サーファーの俺としてはあっちのほうが魅力あるよなあ。もともと良い波を見分けるのは得意だったんだよね。
しかし河口のサンドバーらしく見事なポイントブレイクになっていて1本の波に乗れるのは1人だけ。
ローカル相手にへなちょこライディングの俺が良い波取れる確率は限りなく低いのは確かだ。
しかも丘に上がってかれこれ8年。体型もゆるんだセイントオジサンの俺。

やっぱ釣りだよね。

と、心を入れ替えて黙々と石ゴカイを殺戮するが2日間でピンギス8尾というド貧果。
今度は大阪に帰ってボートで雪辱や。TOSHIO君つきあってね。
あまり釣れないので撮った日本のダイアモンドヘッド(どこが?)こと手結山の写真です。
06gw_044hen


今週のG1 ヴィクトリアマイル
能力断然のラインクラフト。しかし折合いだけが唯一の不安だが、今回のメンバーだとかなり危険な感じがする。ハナに行きそうなのはマイネサマンサあたりだが特にこだわるタイプでもないので、G1とはいえややスローになるんではないだろうか?
そうすると早めに抜出して最後に差されたローズS,秋華賞の再現か?後方で折合いに専念して直線に賭ける競馬を祐一ができれば突き抜けるとは思うんだけど・・・。
ここは同じく折合い次第だが後方待機組のディアデラノビアが本命。前走はややスムーズさを欠いたように見えた。岩田も3走目でここはチャンスだろう。
エアメサイアが限りなく本命に近い対抗。前走はテンの3ハロンが33.8秒の7ハロン戦。府中のマイルで平均ペースまでなら条件は大きく好転する。
馬券は3連複で13,18の2頭軸で1,6,7,10,14,16。

今週の鉄板馬
日曜京都9R 葵S  ウインレジェンド

| | コメント (7) | トラックバック (0)