2011年1月26日 (水)

ここんとこの寝不足のワケ

昨日のアジアカップ日韓戦。

久々にサッカーをフルタイムで見ました。

面白かったですねぇ。特に日本の1点目は良かった。長友が切れ込んでいった時にはテンション上がりました。

ただ90分・・・いやせめて延長で決めてくれよ。

PK戦終わった後のテンションではすぐに寝られへんし、寝不足やわ。

まあ、あれでPK戦負けてたら最悪やったけど。

ところで先週末からは恒例のハードスケジュール。

土曜 ゴルフ→新年会(朝帰り)

日曜 娘の誕生日パーティー

月曜 四国(琴平)→九州(小倉)

火曜 博多→東京

ってな感じで昨日は疲れてたのよ。早く寝させてよザックジャパン。

ところで土曜のゴルフ。

会社のメンバーとジャパクラクイーンへ。

朝一はやはりグリーンが凍ってます。

どうしてもアプローチ&パターがうまくいかずのダボペース。

それでも後半は少しずつ解けてきてなんとか我慢しながら前半は52

よし、これならいける!

と、思ったんですが。

最近調子良かったドライバー。

距離を求めず、スライスOBをしないためのインサイドフック気味打法。

これがだんだんフック度合いがきつくなってきたのだ。

このままだと逆にフックOBを連発しそう。

という事で少しインサイドから入れるのをやめてみた・・・

激スライス

そしてそこから不安定に・・・

結局昼からだけでOB4発。

ショットも乱れて久々のハーフ60

まさかのトータル112。また昔に逆戻りなのか・・・・・

まあ、定例会も極寒のジャパクラやし今回は練習ラウンドって事で納得しようかな。

とりあえず最近のお気に入り女子の五明裕子の画像でも載せときます。

Photo

Photo_2

グレードよん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 3日 (木)

私がオバサンに・・・ってこっちだけオッサンやがな

昨日の晩はTVで「FNS歌謡祭」を見た。

まあ、ラブサイケデリコが見たかったんだがそれ以外も見ていると・・・・・

森高かわいすぎっ!

幼稚園とかであんなママおったら惚れてまうやろ~!

昔から石田ゆり子とともに僕の好みツートップだったんですが、健在ですなぁ。

久々に美人を見てテンション上がったってだけの話ですけどね。

P.S 土曜の天気予報はやはり雨・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月11日 (木)

話題?のドラマ

今日、帰宅すると嫁がTVでドラマを見ていた。

コード・ブルー

今日が最終回らしい。僕は今まで殆ど見ていない。けど今日ちょっと見て猛烈に感じた事・・・・

「こんな若造の医者ばっかりの病院、絶対行きたくねぇ!」

ってか有り得ねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年7月 1日 (火)

怨め四位・・・・・

宝塚記念・・・・・・・

負け惜しみみたいですが、実はブログの予想(サムソン頭固定の6頭流し)に相手インティライミを追加して買ってたんです。直線では血圧が急上昇しましたが・・・・・・無念のアタマ差。

とにかく四位ですよ。

この日の8Rに我が愛馬のマイネルクルーガーが登場しました。

今開催から500万に降級したとあって堂々の一番人気。そしてジョッキーは四位。僕としても確勝だと思ってたんですが・・・・。

道中引っ掛かっているように見えたのが影響したのか直線伸びずに5着。その時にイヤな予感がしました。

「四位の奴、これでアサクサキングスでサムソンに勝ったらブッ飛ばす!」

・・・・・結末は予想を超えてました。サムソンに直線で2回ぶつけるという荒技。武豊が珍しく敗戦の弁で怒りをぶちまけてました。

しかしアサクサキングスも相当へばっていたのか外への斜行と、内への斜行の両方で制裁金を食らうという珍しい結果でした。アルナス、ロックともども4才牡馬は散々な結果。やはり4才は牝馬のほうが強いみたい。

ところで今日の日刊スポーツの芸能欄の一番下の隅っこに、こんな記事が出てました。

Photo

TKOスゴイね。

ちなみに気になる隣りの記事は「田代まさし80キロ激太り」。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年1月23日 (水)

チーム・バチスタの栄光

チームバチスタの栄光」が映画化され、近日公開されるみたいです。

Cinema

最近読書記事を書いてないですが、この本は11月に読みました。

新潟に出張にいく際に、空港の書店でなにか旅の友にと思って探していて悩んだ末に購入したのです。

何で悩んだのか?

それはお得感

この本は上下巻に分けるほどのボリュームは無いと思うんですが、何故か薄っぺらく2冊に分けられていて各500円程度。1冊にまとめてれば700円程度のはずなのに・・・・。

そんなセコイ事を考えて悩みましたが、読んでみるとなかなか面白かったです。

チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ [宝島社文庫] (宝島社文庫 599)

チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ [宝島社文庫] (宝島社文庫 599)

著者:海堂 尊

チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ [宝島社文庫] (宝島社文庫 599)

非常に難易度の高い心臓バチスタ手術を連続して成功させていく、東城大学病院の「チーム・バチスタ」。しかし突然3例続けての術死が起きる。これは事故なのか殺人なのか?その調査に外科オンチの心療内科医、田口が任命される・・・・。

一見とっつきにくい医療ミステリーだが、各々のキャラクターが立っていて非常に読みやすい。犯人の予測もつけにくく、最後まで楽しめました。

難解な医療用語等もでてくるが、解りやすくする為(?)に主人公の田口を外科オンチという設定にして田口=読者の視点で解説してくれる。

ただいくら外科オンチとはいえ田口先生も医者なんだからここまで無知って事はないかと思うが・・・。

さてそれより気になったのが映画版のキャスティング。

竹内結子が主演ってどういう事?って思っていたが、どうやら田口先生を女性という設定にして竹内が演じるらしい。う~ん、どうもなぁ。別に女性でもいいけど竹内結子では若すぎるような・・・。田口という人物像が医者としてはそれなりに優秀だったが出世競争から外れて病院の一角で心療内科を任されている味のある人物っていうだけに・・・。僕のイメージでは女性なら小林聡美あたりだが・・・華がないか(失礼)。

相棒の白鳥圭輔が阿部寛っていうのもちょっと。演技的には問題ないが、白鳥ってキャラが女性にはまるでモテないようなイメージだけに阿部ちゃんではかっこよすぎやろ。ってブサイクキャラを起用するとまた華がなくなるやろうし難しいですね。

チーム・バチスタの主役、桐生先生が吉川晃司っていうのもビックリキャスティング。他にもチーム・バチスタはちょっと原作とはイメージの違うキャスティングのような・・・。

原作で犯人だった役はあの人かぁ。

まあ、ラストは原作と違って「栄光」をさらに意識したものになってるって事なので犯人も変わってるかもしれないけどね。

あっ!犯人って・・・事故じゃなくて殺人だってバラしちゃった。(事故やったら小説にならんやろうけど)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年1月14日 (月)

三谷幸喜のありふれた生活にあの人が・・・

年が変わっても相変わらずの競馬連敗地獄・・・・。

さて。(無理矢理忘却)

先日のTOSHIO FCの記事で同級生の木本君のTKOが、なんとあの三谷幸喜氏に朝日新聞のコラム上で絶賛されている事を知った。

僕は日頃特別にTKOの活動をチェックしている訳では無く(木本君ゴメン)、たまたまテレビ等で見掛けた時には最後までチェックして応援する程度のエセTKOファンなのだ。

しかしあの三谷幸喜氏が絶賛してるとなると非常に気になる。ぜひ読んでみたいが我が家は毎日新聞・・・・・という訳で実家が朝日新聞なのでGETしてきました。

Tko Photo

全文このブログに載せようかと思いましたが長いのでやめました。内容は画像を確認して読んで下さい(投げやり)。

しかし大したもんです。

なにが凄いかって、三谷氏がTKOの2人と面識も無いらしい事。名前すら知らないみたいで、「ボケ担当の小太りの人」と「ツッコミの人」としか書かれていない。

要は個人的なコネクションも無く、フリートーク等で事前のコンビの情報も無い状態で純粋にネタだけを見て絶賛されているって事である。

これですよ。お笑いの場合はある程度名前が売れると、その芸人が出てきただけで笑う雰囲気というか、面白い空気になって大して面白くなくても面白かった気になってしまう事が多い。

そうではなくてネタのみで大御所に評価されたんだから胸を張っていいんじゃないでしょうか。

素人が偉そうな事を書いちゃいましたが許してくらはい。

頑張れ木本君。とりあえず三谷氏に「ツッコミの木本君」と覚えてもらえる日まで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月20日 (月)

祭りのあと・・・

いよいよ今日から世間的にも通常モード全開だ。

僕的にも先週2日出勤したとはいえ、やはり今日は盆休み終わった感が滲み出ていた。

そんな僕の今の脳内BGMは、「YES!プリキュア5

プリキュア5、スマイル go go!/キラキラしちゃってMy TrueLove!

家族旅行の時に4人の子供を連れて行ったんですが、4人とも女の子で2~4歳のモロプリキュア世代。

という訳で車内ではエンドレスでかかりっぱなし!しかもシングルCDなのに・・・・。

たまりかねて娘に、「ちょっとパパのヘヴィメタのCDに替えてもいい?」と聞くと「あかん!!!」とシャウト。そない怒らんでもええやねん。

そんな娘たちも、盆休みを満喫して今日から幼稚園へ。

そして我が家には娘がお祭りで貰ってきた新しい住人が。

Photo

金魚の「金ちゃん」です。(ネーミングby長女4才)

画像が悪いのは高速で動く金魚を僕の携帯カメラが捉え切れないからです。

しかし金魚の金ちゃんとは・・・。僕ゆずりのボキャブラリーの乏しさ・・・・。

なんて最初は嘆いてたんですが、だんだんと馴染んでくると結構いいネーミングに思えてきます。

今では家族みんなが「金ちゃ~ん」と気さくに声をかけてます。

そんな我が家ですが、70kmを走破した「欽ちゃん」にはまるで興味がありません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月23日 (水)

俺の事は「ちいにいちゃん」と呼びな

芸能人にたとえると・・・・・・?

自分は芸能人でいうと誰に似ているのか?もうお分かりですね。今話題沸騰の顔ちぇき!です。

写真をメールで送信するとどんな芸能人に似ているか解析してくれるサイトです。

早速自分の顔を送ってみると・・・・・・・

なんと  福山雅治60%!!

他、椎名桔平54%北村一輝54%という素晴らしい結果。

この結果に嫁が烈火の如く怒りだす。ムネオを追い詰める辻元議員のような形相で疑惑の結果だと詰め寄ってくる。・・・・・・そないムキにならんでも。

で、嫁の写真もパチリ。送信してみると・・・・・

眞鍋かをり48%。他、荒川静香46%和久井映見46%というとんでもない事実とかけ離れた結果。

しかし眞鍋かをり似というのに嫁はまんざらでもなさそうな笑顔。ちょっと前に「眞鍋かをり可愛い」と言った僕に「全然可愛いないわ。」とか言ってたはずなんだけど・・・。

まあ、僕と嫁の顔を知ってる人からすれば、かなり信憑性の薄い結果というのは判ると思いますが。

携帯で簡単にチェックできるので皆さんもどうぞ。

ちなみに愛娘の結果。

姉   BOA 45%ユンソナ44%田中麗奈42%

妹   滝川クリステル47%ソン・ヘギョ47%広末涼子45%

う~ん。この結果は信用したい!2人とも可愛いからね!(激烈親バカ)

ところでソン・ヘギョって誰?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月22日 (火)

ポスト石田ゆり子を探して~2

土曜日の晩に今後が楽しみなアイドルを見つけました。

土曜の晩はなんと!TOSHIO氏がゴルフデビューするという事でKAN氏がメンバーになっているわかさカントリーに行ってました。

めっちゃ遠いうえにめっちゃ朝早いスタートだったので土曜の夜から隣接するホテルに宿泊していたのです。

そこで缶ビールをガブ飲みし、1枚35円程度のめちゃでかトンカツを頬張りながら3人でTVを見ていました。チョイスしたチャンネルはKBS京都。やってた番組は「歌舞伎っす」。

バリバリにローカル色の濃いこの番組でキラリと存在感を見せつけたのは・・・

吉岡あや

それは町のイベントを紹介するコーナーでした。

どっかの田舎町(だったようなイメージ)で子供が何とも不気味なお面を被っているだけのいかにも地味なイベントに出没した彼女。

おもむろにお面の少女に向かってマイクを差し出し発した一言。

「何してるんですか?」

ええええええええっーーー!

罪もない子供にそんな答えに窮する質問を・・。

と思うまもなく間髪入れずに追い討ちを

「(そんな事してて)面白いですか?」

{( )内はおそらくついてたであろう枕詞}

・・・・。子供達は最後までお面をとれませんでした。

ナチュラルに凄まじい毒舌ぶりを発揮する彼女に大爆笑の僕は笑いすぎて全身の力が抜けてしまいました。もちろんゴルフ当日の日曜日も全く力が出せませんでした。

そして当日のゴルフにKAN氏の会社の専務が飛び入り参加するというスペシャルサプライズに凍りつくデビュー戦のTOSHIO氏を目の前にして平常心でいろというほうが無理というものです。

スコアは 55・54 最後もうハーフ追加のスコアは聞かないで。

ついでにTOSHIO FCのスコアも聞かないで。

収穫はといえばポスト石田ゆり子になる可能性がほんの僅かに見え隠れする逸材、

吉岡あや

に出会えた事でしょう。

しかしポスト石田ゆり子の旅はまだまだ続くのであった。

♪終わーり 無ーき 旅♪(ミスチル風に)

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006年8月19日 (土)

ポスト石田ゆり子を探して

突然ですが好きな女性を芸能人でいうと・・・

石田ゆり子

プロフィールにも書いてあるんですが十数年ずっと変わってません。

じゃあ彼女の熱烈なファンかと言うとそうでもなく、彼女の出てるドラマもほとんど見た記憶がございません。

一度彼女のホームページを見にいったのですが、オサレすぎて遠い存在だと認識させられました。(そもそも入り口でなかなか中に入れず苦労しました)

ではなぜ十数年彼女一筋なのか?

それは最近TVなんかを見ててもこれと思えるタレントがいないのです。

っていうか僕あまりTV見ないので気付いてないだけなのか。

それとも石田ゆり子が他の追随を許さない絶対女王なのか。

とにかく石田さんももうベテランの域に達してらっしゃるので僕のプロフィールにももう一人くらい若い方を追加したくポスト石田ゆり子を探す旅に出たいと思います。

理由?  それは僕が会社の若い奴らと話が合わなくなってきてるからさ。

今週の鉄板馬

土曜小倉9R 大濠特別   デンコウグラス

| | コメント (2) | トラックバック (0)