2008年5月26日 (月)

IKEA狂想曲

またまた大外れだったオークス。もう負けるのにも慣れてますが・・・。

さて、昨日は今話題になっている「イケア」に行って来ました。

関東では相当混雑しているらしいとの噂を聞いて、早めの出発。わざわざ家具屋に行くのに神戸までいかんでも・・・と思いながら我が家を8:30に出ました。

予定どおり9:30に到着。開店は10:00なのでまだ30分もある。

が。

すでに行列。ざっと見て300人位並んでる。車で待とうと思ったが、とんでもない事になりそうなので並ぶことに。予想通り開店時間には僕らの後ろにさらに300人位の列が・・・・・。しかも僕達は3Fの駐車場の入口で並んでたのだが、4Fの駐車場の入口や1Fの正面入口にも長蛇の列ができてるとの噂。たかが家具屋に・・・。

ようやく開店時間になり店内へ。入るのに15分ほどかかりました。

店内に入ると、自由には物を見れません。順路が決められていて、まずは2Fのショールームへ。ショールームへ行くと、幾つもの部屋仕立てにしたモデルルームがあり、それを見ながら人の波がゆっくり進んで行く。まるでお祭りかなにかに来ているような錯覚。

さて、僕らはTVラックを見に来たのですが、この店は普通の店のようにTVラックだけでまとめて置いてあるような所はほとんどありません。一応あるのですがちょっとだけ。要は延々と続くモデルルームの中からお気に入りのものを見つけないとダメなのです。だから最初に見た物と後のほうで見たものを比較するのは大変。もう一度最初に見た物を見たいと思えば超広い店内を大群衆に逆行して、はた迷惑君になって戻らないとだめなのです。すごく不親切なつくりです

この店は自分で気に入った商品をメモしておいて、倉庫から自分で探し出してレジに持って行くというセルフサービスなスタイルなのです。

とりあえず候補の一つのラックをメモしようとすると・・・・。パーツが7個くらい集まったラックのそれぞれのパーツを全てバラバラにメモしないといけない。すごく大変なので、これ!と決めたものだけメモする事に。

人気店だけあってかなり安くていい物があったので購入決定。これも本体と引き出しと扉のパーツに分かれてます。

そして順路に沿って2Fから1Fの雑貨コーナーを延々と歩かされてようやくセルフ倉庫に。

Photo

まずは本体をカートに載せる。本体の重さは92kg。もちろん店員などいない。嫁があてになるはずもなく一人でなんとか搭載。

そして次は引き出しを取りに・・・・・。

あれ?引き出しのコーナーに何も置いてないぞ。このゾーンには店員がいるので聞く事に。

言い忘れたが、この店は店員が全くいない。2Fのショールームなど解らない事だらけで聞きたい事が満載なのだが店員は一人もいない。1Fの倉庫にようやく店員がいるんだが、それも3、4人といったところ。

さて、店員に聞いてみる。

僕「・・・・の引き出しが置いて無いんですけど。」

店員「ここになければ売り切れです。」

僕「えっ?でも上のショールームにはそんな事書いてなかったんですが・・・。まあいいです。いつごろ入荷するんですか?」

店員「来月の中頃ですね。」

僕「ここ宅配サービスあるんですよね。入荷したら送ってくれませんか?」

店員「できないんですよ。一度来て頂かないと。」

僕「えっ?買う物は決まってるんですよ。何しに来るんですか?宅配コーナーに持って行くためだけに?」

店員「決まりなんで。できないんですよ。」

僕「(かなり怒りを押えながら)じゃあいいです。入荷したら電話して下さい。」

店員「できないんですよ。そちらで確認してもらわないと」

どんだけD・I・Yやねん!

最悪ですイケア。サービスと名のつくものは一切ありません。

要は倉庫を開放してるから、勝手に見て、気に入ったものがあったら金置いてけってぐらいのスタンスです。そうだと判ってたらこんなに腹立たなかったんですが・・・最初から来なかったでしょうけど。

店内のレストランは超満員なので向かいのイズミヤにある回転寿しで昼食を取ってイケアに戻ると・・・・・入場制限で入れない客が長蛇の列。

Photo_2

僕には全く解りません。関東で人気があるというのは本当でしょうか。僕のようにかなり嫌な思いをした人もいると思うんですけど。まあもうちょっと人が少なくて普通に買い物できるようになれば気にならないかもしれないんですが。

とにかく僕のイケアに対するイメージは最悪の一言です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)